居多ヶ浜記念堂    住所:新潟県上越市五智6-3-4 お問い合わせ:☎025-543-0536 交通アクセス:車利用/北陸道上越I.C.から国道8号線を糸魚川方向へ、国府交差点を右折し、3分。         電車利用/JR信越線・えちごトキめき鉄道直江津駅よりバス「五智国分寺裏門」下車徒歩5分。        直江津駅よりタクシー5分
真宗大谷派 林正寺 住所:新潟県上越市住吉町1-1 お問い合わせ:☎025-543-2726
 親鸞聖人は木浦(糸魚川市能生)から舟に乗り居多ヶ浜に上陸した。 浜のすぐ上の高台には「親鸞聖人御上陸之地」の石碑が、近くの広場 には親鸞聖人と性信房・西仏房のお供二人を描いた「親鸞聖人上陸の地」のレリーフなどがあり、親鸞聖人上陸の地として整備されている。
 記念堂の前には上越市出身の真宗学者・金子大榮師の書いた「念仏発祥之地」 の石碑が立つ。高台からの景色は、吹き上げる浜風に打ち寄せる日本海の荒波と、 聖人の越後での流人生活の出発点としてご苦労が偲ばれる 場所でもある。    この居多ヶ浜や国府周辺には、親鸞聖人七不思議の一つ片葉の葦が群生している。
一時は荒廃していた居多ヶ浜を近くの林正寺住職や門信徒が中心となり、 聖人上陸の地として顕彰したいとの思いから昭和四十二年「居多ヶ浜記念堂」 が建立された。また、四十六年には八角形の「見真堂」が建立され、平成二十七年現在のものに改築された。