真宗大谷派 了玄寺    住所:新潟県南蒲原郡田上町大字田上丙1285-1 お問い合わせ:☎0256-57-3422 交通アクセス:車利用/磐越道新津I.C.より20分。北陸道三条・燕I.C.より50分        電車利用/JR田上駅より徒歩20分。JR新津駅よりタクシーで15分
 寺の境内にある繋榧の木は、樹齢約八百年。護摩堂山に繁っていた榧の木を 蓮如上人が現在地に移植させたという。一枚の葉が表と裏に互い違いに生えて いるため「お手かえしの榧」とも呼ばれている。大正十一年国の天然記念物に指定された。親鸞聖人越後七不思議の一つ。
 護摩堂山の城主宮崎国光が親鸞聖人を招き、お茶菓子に焼いた榧の実を献じた。 榧の実は、農民たちが米の代わりに年貢として納めたもので、飢饉などに備え榧 の実に糸を通して保存されていた。  聖人は念仏の教えを説き、榧の実を庭に植えたところ、根を出し、芽吹き、 繁茂した。その実は一つ一つ繋ぐことのできる穴が開いていた。